診察室の風景

電子化されたカルテ

カルテはドイツ語で、医師の診療記録を意味しています。医師の診察を受けた際の患者の症状やその時行なった処置や症状の経過などを記録して、次の診察などに活かすことが出来る情報を記録するものです。
基本的には紙のカルテを使用しますが、近年では電子化も進んでいて、一部の病院では電子カルテを使用していることもあります。
電子化することにはカルテでなくても多くのメリットがあり、様々な業界で電子化して管理するということが増えています。
紙だと量が増えてしまうと多くの場所をとってしまうために、電子化がかなり便利になっています。

アナログである紙に書かれて保存されている文書をコンピューターで観覧可能なデータにすることを電子化と言います。
一般的な紙のデータ化だと、スキャナーを使用して加工処理が不可能なファイル化を行ないます。
しかし、電子カルテの場合は元々あるカルテを電子化する場合以外はパソコンに直接データを打ち込むことによって保存することが可能になっています。
新しいカルテを作成する場合や病院の紹介状などを作成する際もテンプレートなどを使用することによってかなりスムーズに患者さんを診察することが出来ます。
電子化することによって様々なテンプレートなどを使用することが出来るようになるため、受付から診察までの広い分野の作業をスムーズに行なうことが出来るようになっています。
電子化することで得られるような機能などもあるので、電子化を検討する病院やクリニックが増えています。

スピーディーに

最近では、様々な分野での電子化が進んでいます。医療現場での電子化も例外ではありません。カルテが電子化されることによって受付や医療費の会計などがかなりスムーズになることから電子カルテにする病院も増えています。

狭い院内が患者さんで混み合ってしまって大変だという病院は診療予約のシステムを導入するのはいかがでしょうか?

メリット

昔の紙カルテを、電子カルテに取り込むことも出来ます。すぐに過去のデータが見られるので大変便利です。また電子カルテを導入することで、他にも様々なメリットが生まれます。今回は、メリットについて紹介していきます。

検索性が高くなる

パソコンなどで管理をしているため、容易に検索することが出来るようになっています。そのため、待ち時間なども短縮されて、多くのカルテの中から必要なカルテを探すことが可能です。その点も電子カルテの特徴となっています。

知っておくべきこと

電子カルテには注意するべき点もいくつかあることを知っておきましょう。パソコンなどが故障してしまった場合はデータを破損して診察が不可能になってしまう場合もあります。またコスト面も含めて知っておくべきことがあります。