メリット

電子カルテが導入される前は、どの病院も紙カルテで対応していました。
最近開院した病院以外のところは、以前の紙のカルテも残っていることでしょう。
過去の紙カルテをそのまま保存・管理して新しく電子カルテを導入する方法と、過去の紙のカルテをデータ化し取り込むという方法があります。
どちらを選択するかは、それぞれの病院次第となります。
また、必要に応じて紙カルテと併用するという方法もあります。
昔の紙カルテを取り込むことで、情報を簡単に取り出すことが出来るので便利なので、電子カルテに一本化しているところも増えています。

電子カルテは、昔の紙カルテの情報も取り込める以外にメリットがあります。
過去のものは、カルテに入力するときの画面と検査結果の画像データが別モニターでしか見ることが出来ませんでした。
常にモニターを2台使用しなければいけませんでした。
ですが検査の装置とデータの連携の機能が向上したことによって、1つの画面で全て管理することが今では当たり前になっています。
過去のカルテ・入力用カルテ・診察履歴など、ひとつのモニターで見ることが可能となっています。

医者と患者の中で、コミュニケーションは大切なツールです。
成り立たなければ、医者も症状が説明出来ませんし、患者も症状について把握することが出来ません。
電子カルテは、そういった悩みも解決してくれるものになっています。
症状の説明に図化した画面で説明したり、検査結果を画面で見せたりすることも出来ます。
電子カルテは、単に患者情報を保管するものではなく、意思疎通にも役立っています。
画像化されることで、患者も理解しやすくなります。