知っておくべきこと

紙カルテより、はるかに効率がいいのが電子カルテです。
検査結果を見ることが画面上で出来る上に、どの場所でも共有することが出来ます。
ですが、注意点も勿論存在します。
電子機器なので、故障が一番心配される点です。
使用期間が長くなればなるほど、故障してしまう可能性もあります。
故障を防ぐためにも、日頃からしっかりメンテナンスを行いましょう。
システムダウンしてしまっては、運営にも患者に対しても大変なことになってしまいます。
ネットワークバックアップなどのオプションの利用も考えましょう。

パソコンなどの精密機械は、電気がないと作動することが出来ません。
電気が途切れる停電などは、使えなくなることもあるので注意が必要となります。
また、キーボードによる入力が大変ではないのかという心配も出てきます。
カルテの管理を、今まで紙面で行っていた医者は、パソコンで対応することに慣れるところから始まります。
ですが、ワンタッチ入力や音声入力、症状や疾患がすでに登録されて選ぶだけのものもあります。
キーボード操作が苦手だという人は、そういった機能も使うとスムーズに診察が出来るでしょう。

電子カルテは、ページをめくるような形で見ることが出来ません。
一覧性が低いため、紙カルテで対応していた人は、初めは扱いづらいかもしれません。
ただ、過去のカルテの一覧表示が出来たり、検索機能も付いていたりするので見やすくなります。
しかし、電子カルテだと導入の際にお金もかかります。
維持するにもお金は必要となってきます。
リースもあるので、初めの内はリースで行なうことも可能です。
都市部などでは土地代も高いので、保管場所にお金を使うか、導入にお金を投資するかを考える必要があります。